バックジップへの原点回帰

バックジップへの原点回帰

ウェットスーツ直販工場はサーフィン用なのに
なぜ背中にファスナーのあるバックジップタイプのみなのか?

それは
一番着易く、脱ぎ易いからです。
イコール、壊れにくいことからおすすめしています。

無理に脱いだり着たり引っ張ることでウェットスーツは劣化、剥離が進んでいる状態です。
スムーズに脱げることでウェットスーツに負担を与えなければウェットスーツは確実に長持ちします。
着ていなくてもウェットスーツは生地の状態でも、硬化、劣化が進んでしまっているゴム製品です。

新しいものを最後まで良い状態で使い続けれるウェットスーツをお届けするのが私たちの責任と思い製作しています。


首からの浸水も防げるように後方を首を覆うような形状に仕上げています。

覆う形が前方に倒し過ぎても首がパドルの際に圧迫される原因になります。

首を少し高めにすることで体型に合わせ易くなっています。

ベルクロマジックの先にはクロロファインの持ち手仕上げ

32〜34cmファスナーを身長、体重、首の太さで使い分け着脱の開口部の確保と

腰の曲がる上方で腰の負担にならないファスナーエンド

サーフィンにはまっている人がバックジップに原点回帰し選ばれているのが納得できるウェットスーツです。

工場直売ウェットスーツ
オンラインショップはこちらhttp://工場直売ウェットスーツ.com

wetsuits-1カテゴリの最新記事